出版書籍のご案内


<内容紹介>

誰でも〈私〉を思い出すと悟れます! 

 かわいいイルカとともに「悟り」の世界を覗いてみよう! 

 完全な覚醒、「悟り」とは〈私〉の本性をはっきり思い出すということです。 

  

幼い頃から〈私〉の中に真実があるという思いを抱いてきた著者が、

悟りに辿り着くまでの過程を語っています。

 

漠然としている悟りの概念を、悟りを目指すための方法論、

悟るとはどういうことなのかという話を通じて、

体系的にさまざまな角度から書かれているので

「私達はなぜ悟れないのか」が分かります。

 

〈私〉の本性を思い出すには、何かを探し、得ようとしている自我を自覚し、

手放さなければなりません。

 

今まで外側ばかりに向けていた関心を〈私〉に向けることによって「悟り」が訪れます。

  

◎京都大学で物理学の修士まで学んだ著者が、論理的にわかりやすく「悟り」を

解説しているので、探究を続けているかたはもちろん、悟り入門書としてもオススメです。

  

『〈私〉に関心を向け、自覚を続けることで、自我に囚われなくなり、 「悟り」が起こります。

そこには〈私〉の本性を深く確信した、絶対的な確信感、 肯定感があります。

それが「光」となって心の「闇」を照らすと、 「光」のもとに男性性と女性性、陰と陽、「光」と「闇」などの分離が 自然に終わりを迎え、二極が統合されていきます。

これは、すべてが〈私〉の中にあることがわかり、外側に求めるのではなく、精神的に自立し、成熟するということです。』

(本文より)

  

(目次)

 

第1章 「悟り」とは?

第2章 「悟り」を検証する

第3章 すべては幻想の世界 ― 「光」と「闇」を存在させている〈私〉

第4章 「自覚」 ― 〈私〉を知る

第5章 〈私〉を愛する ― 主人として生きる

第6章 自我を解体し、自尊心・プライドを手放す ― 自我は幻想

第7章〈私〉の本性へと還る ― 「悟り」を深める

  

<著者について>

ドルフィニスト篤 (Dolphinist Atsu)

 

ドルフィニストアカデミー代表。

スピリチュアル・ヒーラー、ティーチャー、心理カウンセラー、悟りカウンセラー

 

京都大学理学部物理学科卒業。京都大学院理学研究科物理学専攻、修士課程修了。

 

悟りのマスター・ゲート氏より見性印可(悟りを開いたと認められる)。

 

幼少の頃より「根源意識」とつながり、「知っている」という絶対的知覚をもつ。

 

2001年より、イルカのスピリットのチャネリングをする綾子夫人と共に

全国でヒーラーとしての活動を始め、個人セッションや各クラスで、

イルカのように生きる「ドルフィニスト」になるための指針を伝えながら、

ヒーラーを育成、悟りへと導いている。

 

現在は神戸でドルフィニストアカデミーを主宰。

 

ドルフィニストアカデミー http://www.dolphinist.jp/